「伊禮俊一の自由にRadio♪」8月21日放送♪

img068

「誰にも必要とされなかった俺が死んでも、誰も悲しまないさ」

沖縄最大の芸者町、辻。
その町で育ったヤクザの琉登(りゅうと)は母の形見であるジーファ – かんざし – を
きっかけに不思議なジュリ – 芸者 – の理知と出会う。

琉登はヤクザから足を洗い、多額の報酬を得ようと「ヤマト原子力発電所の放射能除染作業」に志願。
仲間のチンピラを引き連れ、ヤマト原発へ向かう。
彼らはもう二度と、元には戻れないことを知らずに。

除染作業中に大規模な余震が発生したのだ。
琉登たちは大量の放射能を浴び、被爆してしまう。

ヤマト – 沖縄県以外の日本国内 – の病院から抜け出し沖縄へ帰った琉登たち。
彼らの右手の甲には極秘に、被爆を表す焼印が押されていた。
琉登の身体は徐々に蝕まれ、やがて自らの死を自覚していく。

その一方で、ヤマト電力は沖縄へ「ヤマト電力事故調査委員会」を名乗る謎の男・アキラを送り込む。
アキラはある任務のために沖縄へ上陸し、暗躍しようと動き出す。

「死と引き換えに戦うならば、一人の女のために戦いなさい」

琉登の母の霊が宿るジーファを髪に挿す理知は、琉登を守ろうと決意し立ち上がる。
次々と仲間が殺され、琉登の母の死に秘められた嘘が明らかになっていく中で
琉登と理知は運命に抗う選択をする…

絶望の中でも勇気と希望を持つことの大切さや誰も見ようとしなかった沖縄の魂を
大胆に描いた、痛みあふれる傑作ダークファンタジー。

 

現在、桜坂劇場にて上映中の映画「残波-ZAMPA-」ご鑑賞ください(^o^)/

1438787082241今月の「伊禮俊一の自由にRadio♪」は、伊禮俊一さんも出演している映画「残波-ZAMPA-」を特集してお届けいたしました!!

 

次回の放送は、9月4日午後6時です♪

 

伊禮俊一さんのライヴ情報は「http://ameblo.jp/irei-blog/」公式ブロブから確認いただけます(^_-)-☆