舞が描くもの(バリと沖縄の出会い)1月23日

バリ・ガムラン音楽と踊グループマタハリ・トゥルビット、インドナシアからバリ・バムラン奏者イ・ブゥ・グデ・スティアワン バリの音楽と踊りを語っていただきま舞が描くものした。

インドネシアと沖縄とは共通する文化を持ち、先人たちの育んだきた芸能は今日で、伝統芸能が受け継がれ、島と島との芸能交流・バリと沖縄の出会いの公演の紹介です。ビデオには、バリの楽器を持ち込み生演奏が行われました。

本公演では、雅、面、恋、魚( りょう)の四つのテーマに沿ってお届けします。 公演チラシより

 

番組提供

沖縄県美術館支援会happ

添石総合会計事務所

水道工事・営繕は大進サービス